スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島田雅彦 忘れられた帝国

忘れられた帝国忘れられた帝国
(1999/12)
島田 雅彦

商品詳細を見る


島田雅彦が郊外について書いた本だけど、島田雅彦の本読み過ぎて、小説の主人公がもう全部島田雅彦自身に感じられてきて、どっからどこまでがこの作品の記憶かが分からなくなってしまうほどに、同じような小説を書いていると思った。
スポンサーサイト
TAG :
島田雅彦
忘れられた帝国

島田雅彦 予言者の名前

預言者の名前預言者の名前
(1996/07)
島田 雅彦

商品詳細を見る


島田雅彦が宗教に付いて書いた本。島田雅彦の本はどれも同じだと思った。

内乱の予感 島田雅彦

内乱の予感 (朝日文庫)内乱の予感 (朝日文庫)
(2000/09)
島田 雅彦

商品詳細を見る


千年王国という日本の秘密結社みたいな組織な組織に属する主人公が千年王国をつぶすとネットに書き込んでいる謎の人物を殺そうとする話、200ページに満たない小説で島田雅彦らしいするりと読める文章で書いてあるので楽しく読めた。あいかわらず政治とかわからないけれど。

島田雅彦 自由死刑

自由死刑 (集英社文庫) 自由死刑 (集英社文庫)
島田 雅彦 (2003/01)
集英社
この商品の詳細を見る


一週間後に自殺することにした男の話し。

一週間後に死ぬことにしたおとこが死ぬまでにやりたいことを思い切ってやろうとする話なのだけれど、怪しげな男が絡んできたりして主人公は死について改めていろいろ考えるのだけれど、島田雅彦の小説らしくあまりにも現実離れしたことばかりが起こっていてあまりリアルではなかった。主人公は楽しいことをあまり知らないから死ぬ間際でもたいしたことができないというようなことを言っているけれど、この人に限らず皆そんな感じだと思った。人生に楽しいことはそんなに多くはないけれどそれでも皆何とか生きていることのほうが不思議なんじゃないかと少し考えさせられた。

一月九日追記
アクセスが増えたと思ったら。自由死刑がドラマ化されたらしいです。

島田雅彦 やけっぱちのアリス

やけっぱちのアリス やけっぱちのアリス
島田 雅彦 (1999/03)
新潮社
この商品の詳細を見る


キコクのアリスと般若学園の生徒たちがひと悶着起こすという内容。

テーマは天国が降ってくると同様になにものからも自由になることだと思う。

島田雅彦 天国が降ってくる

天国が降ってくる 天国が降ってくる
島田 雅彦 (2000/10)
講談社
この商品の詳細を見る


新聞記者の父の転勤で中学までをロシアで暮らした主人公が女の大学助教授の所に居候する話。

ずいぶん前に読んだので内容忘れたけど読んだということだけ記録

島田雅彦 ある解剖学者の話

題名のとおりの話。 ムズイ

島田雅彦 聖アカヒト伝

独裁者には向かったために精神病とされ幽閉されている男が独裁者について語っている話。よくわからないけど面白い。

島田雅彦 観光客

記憶喪失の男がとりあえず自分をゴキブリだと思い、観光客だと思う話。よくいみがわからなかった。

島田雅彦 未確認飛行物体

未確認尾行物体 未確認尾行物体
島田 雅彦 (1987/10)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


エイズのおかまに付きまとわれる産婦人科医のお話。 おかまのせいで主人公の生活はめちゃくちゃになるが主人公はおかまに対して好意的な思いを寄せていくようになる。

1987年にはエイズは人類共通の問題だったようだけど今はどうなんだろうと思った。

島田雅彦 カプセルの中の桃太郎

これも反抗期の大学生の話。しかし知識がないためにあまりわからなかった。全共闘について学ばなければならない。

後書きに模造人間について書いてあった。何にでも同一化し、一瞬ごとに変化する存在が模造人間であると書いてあった。

島田雅彦 ドント・アンナ

ドンナ・アンナ ドンナ・アンナ
島田 雅彦 (1990/10)
新潮社
この商品の詳細を見る


一応読んだ。ずいぶん更新しなかったために、内容がうろ覚え。

島田雅彦 優しいサヨクのための嬉遊曲

優しいサヨクのための嬉遊曲 優しいサヨクのための嬉遊曲
島田 雅彦 (2001/07)
新潮社
この商品の詳細を見る


サヨクサークルの一員が女の子とセックスをしようと思っている話。
学生運動が下火になった後の学生のことを書いている作品です。

ただただ変態ばかりが出てくる作品だと思った。

島田雅彦 僕は模造人間

僕は模造人間 僕は模造人間
島田 雅彦 (1989/10)
新潮社
この商品の詳細を見る

生意気な主人公が生まれてから大学生になるまでの話。

僕は主人公は模造人間ではないと思います。そして島田雅彦もかなりの変わり者で完全にオリジナルだと思います。なぜ主人公が自分のことを模造品だというのかがよくわからなかったです。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。