スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村文則 蜘蛛の声

土の中の子供 (新潮文庫 な 56-2)土の中の子供 (新潮文庫 な 56-2)
(2007/12)
中村 文則

商品詳細を見る


結局、主人公はどんな人間なのか明かされないまま、分裂している主人公の妄想のようなものを書き続けている話。小説特有の読みずらさみたいなものがなかった。平凡な日常のような描写はまったくない。中村文則は作家というよりも、小説を読む側の人間であるような感じがした。なんとなく。

スポンサーサイト
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。