スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆立ち日本論 養老孟司 内田樹

逆立ち日本論 (新潮選書)逆立ち日本論 (新潮選書)
(2007/05/24)
養老 孟司; 内田 樹

商品詳細を見る


養老さんは本当に日本が嫌いなようですね。内田氏に比べて。それでも、なんとか自分を保っていられるのは、高い地位にあるというのが一番重要なファクターだと思いました。

呉智英氏の偉くなれという言葉が身にしみた。
スポンサーサイト

内田樹 東京ファイティングキッズ

東京ファイティングキッズ (朝日文庫 う 15-1) (朝日文庫)東京ファイティングキッズ (朝日文庫 う 15-1) (朝日文庫)
(2007/05/08)
内田 樹平川 克美

商品詳細を見る
よく本を読んでいたようなのにビジネスで成功なさっていてすごいかただ

内田樹 ひとりでは生きられないのも芸のうち

ひとりでは生きられないのも芸のうちひとりでは生きられないのも芸のうち
(2008/01/30)
内田 樹

商品詳細を見る


内田樹の文章は読んでいておもしろい。しかし同じことを繰り返しているだけである。小説家も大体そうだろうけれど。

内田樹が読者として想定している人は、人間の大半は愚か者でそのせいで自分が不当な目にあっていると感じている人である。

言い換えれば小説の読者と同じような人を対象にして書かれている。

内田はそのような人に対しわざわざ、人間は一人では生きられないと言う。

善意でそういってくれていることは私にも十分伝わってくる。

それでも私に明日から行動を変化させようという衝動を抱かせないのであるから。本書か私のどちらかに欠落があるのであろう。

内田樹 私家版・ユダヤ文化論

私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)
(2006/07)
内田 樹

商品詳細を見る


ユダヤ団体の図書館に電話をかけた著者は、レヴィナスの翻訳を手がけたことを応対をしてくれた女性が知っていたことに驚いたといいます。これはユダヤ人について書かれた書物を逐一チェックしている機関があるというユダヤ人たちの特殊性を説明するための一例として挙げられております。

次にアメリカでは、中東諸国が不利にならないように、ユダヤ人の団体が働きかけることと、日露戦争に際し、同胞に対して悪いことをしたロシア懲らしめようと、日本に支援をしたユダヤ人実業家の例を挙げ。私たち日本人が持っている帰属意識と、あるユダヤ人がユダヤ人としてもっている帰属意識が違うということを著者は強調します。

以下の内容について書くのが面倒くさいので省略いたしますが、内田氏はユダヤを遅れてきた人たちと規定しており、ユダヤ人達の思考の方法自体を「知性的」と人類は呼ぶのではないかという仮説を立てております。200ページ以降の30ページはフロイトとか精神分析の話になるので読みづらいのですが、とても面白い本でした。

内田樹 態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い

態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)
(2006/04)
内田 樹

商品詳細を見る


ずるい。はっきりいってねこうもりだよこうもり、強いものにつくというか、いじめられないようにするというか、非常にずるいところからものをいってるよこの人。

村上龍みたいな読者をむかつかせる感がある。

タカハシさんとちがって読者に甘くない。

くしくも、福田恒存が訳したアウトサイダーという評論が、読書道への原点みたいです。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。