スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島由紀夫 仮面の告白

仮面の告白 (新潮文庫)仮面の告白 (新潮文庫)
(1950/06)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


とても読みやすかった。ゲイがゲイであることに悩み女と付き合い別れるというお話です。
スポンサーサイト

三島由紀夫 不道徳教育講座

不道徳教育講座 (角川文庫)不道徳教育講座 (角川文庫)
(1967/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


軽い軽すぎる、このエッセイを書いたとき三島は34歳だった。34歳といえば、今の、平野啓一郎と大して変わらないのではないかと思われる。

三島は作家らしい作家が嫌いなことと、25過ぎてから青春に目覚めたということがわかった。それと、一人で飯を食うのがいやでいやで仕方がないって言うのもさっからしくないなあと思った。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。