スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅羽通明 右翼と左翼

右翼と左翼 (幻冬舎新書)右翼と左翼 (幻冬舎新書)
(2006/11)
浅羽 通明

商品詳細を見る


とてもわかりやすかった大学に張る前に読みたかった本です。

(哲学的新左翼は)産業社会、福祉社会の下、知的自尊心を傷つけられやすいマイナー知識人が求め行く、知性の避難所として機能してゆくでしょう。

との件があったがまったくそのとおりでしょう。

ウノツネヒロ氏は浅羽氏のことを尊敬しているらしいが、この辺少し似ていると感じました。

しかし浅羽氏の性格は宇野氏ほど悪くなく読んでいていやな感じはしませんでした。

ただ私が読んできた本の著者の中では珍しく新左翼運動に批判的な人なので私自身が攻撃されているような感じがしました。

本日より転向して中道左派として生きてゆきたいと思います。
スポンサーサイト

浅羽通明 ナショナリズム

ナショナリズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)ナショナリズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書)
(2004/05)
浅羽 通明

商品詳細を見る


右から左へ抜けた。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。