スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックス・ウエーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)
(1989/01)
マックス ヴェーバー

商品詳細を見る


僕は小説を読んでも何も得るところがないし、この手の本を読んでも、表紙に書いてある要約程度にしかえるところがないのだけれど、キリスト教徒は妻とのセックスすらも罪悪だったということが分かって少しだけ賢くなった。
スポンサーサイト

奥泉光 暴力の舟

蛇を殺す夜蛇を殺す夜
(1992/09)
奥泉 光

商品詳細を見る


奥泉光とかなり似ている大学生の話。全共闘より下の人たちの大学生活が分かって興味深かった。

奥泉光はまじめな人かと思ったけれどこの小説はかなりユーモアがあって面白かった。ただ主人公の先輩が不幸すぎて、かわいそうだと思った。この人はたぶんフィクションの中の人物なのだろうけど、いじめすぎていると感じた。

豪雨の前兆 関川夏央

豪雨の前兆 (文春文庫)豪雨の前兆 (文春文庫)
(2004/02)
関川 夏央

商品詳細を見る


僕は1969年に大学生だった人たちの本を読むことが多いのだけれど、そういう人たちはあまり大きな声で、昔はよかったとは言明しないのだけど関川夏央は昔はよかったって結構強く言っている。そういう偏っているところがいいと思った。このエッセイもちょっといやだけど癖になる文章でいいと思いました。

内容は明治時代の文豪たちについて語っているものが多かった。すごく昔の通俗映画的なものの紹介していて、自分が接してきた作品への愛がかんじられていいと思った。

中村文則 蜘蛛の声

土の中の子供 (新潮文庫 な 56-2)土の中の子供 (新潮文庫 な 56-2)
(2007/12)
中村 文則

商品詳細を見る


結局、主人公はどんな人間なのか明かされないまま、分裂している主人公の妄想のようなものを書き続けている話。小説特有の読みずらさみたいなものがなかった。平凡な日常のような描写はまったくない。中村文則は作家というよりも、小説を読む側の人間であるような感じがした。なんとなく。

人生の親戚 大江健三郎

人生の親戚 (新潮文庫)人生の親戚 (新潮文庫)
(1994/07)
大江 健三郎

商品詳細を見る


最初の50ページぐらいまでは今まで見たこともないくらいに面白かった。後半200ページはつまらなかった。ところでこの小説では知的障害者の兄と下半身不随の弟が出てきて、兄が先にがけから飛び降りその後を追うようにして、弟が車椅子ごと飛び降ります。

このシーンを読んだとき私は知的障害者の兄が誤って崖から落下して、それを見てなんともいえない気持ちになった弟が後追い自殺したと感じたのですが、この小説の中では二人とも自殺ということで話が進んでゆきます。

自分的には知的に障害を持った青年が崖から落ちて、それが自殺だとは考えないのだけれど、小説の中ではまったく自殺か事故か検証されぬまま話が進んでゆくところがなんか変だと思いました。
TAG :
人生の親戚
大江健三郎

リチャード・ブローティガン 愛のゆくえ

愛のゆくえ (ハヤカワepi文庫)愛のゆくえ (ハヤカワepi文庫)
(2002/08)
リチャード ブローティガン

商品詳細を見る


図書館から一歩も出ることなく図書館で働く男の話。解説は高橋源一郎だった。なんかカフカの変身にちょっと似ている。違うのは図書館から出ていない主人公はその状況にそれほど絶望しているようには感じられないところだと感じた。変身はもっと暗い感じのする小説だったと思う。しかしこの主人公はそれほどには暗くはないと思った。主人公と同居している内縁の女はとても美しい女だと描写されているし、それ以外にも女について作者が感じるところがあると読み取れる箇所もあり、孤独と女というのがこの小説の肝であると思いました。

山田詠美 ベッドタイムアイズ

ベッドタイムアイズ・指の戯れ・ジェシーの背骨 (新潮文庫)ベッドタイムアイズ・指の戯れ・ジェシーの背骨 (新潮文庫)
(1996/10)
山田 詠美

商品詳細を見る


黒人と付き合っている女の話。とにかくこの小説の中には恋愛しかないように感じられる。後たくさんメタファーが使われていた。主人公が慕っている年上の女性のせりふが妙にリアリティーがなく、文章中に頻発する黒人のスラングも少しうざく感じられたけれども、その変なところがこの小説の味なのかなとも思った。
TAG :
山田詠美
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。