スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山際淳司 スローカーブを、もう一球

スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
(1985/02)
山際 淳司

商品詳細を見る


山際淳司はあまり、力を入れて何事かに取り組むことができない人のことを、取り上げることが、多いような、気がします。

なんとなく山際淳司自身もそのような人物であったのではないかと私は思います。

関川夏央なんかもそうだけど、20代を、ブラブラしていた人間のなんともいえない独特の雰囲気がこの人の文章からは感じられます。

それが私には心地がよく感じられます。
スポンサーサイト

ビートたけし お前の不幸には、訳がある! たけしの上級賢者学講座

おまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座 (新潮文庫)おまえの不幸には、訳がある!―たけしの上級賢者学講座 (新潮文庫)
(2003/11)
ビートたけし

商品詳細を見る


自分とは相容れない考え方ではあるけれど、嫌いになれないと思った。石原慎太郎が同じことをいっても、むかつくのだろうけど。

日垣隆 それは違う

それは違う! (文春文庫)それは違う! (文春文庫)
(2001/12)
日垣 隆

商品詳細を見る


週間金曜日という雑誌に連載された、買ってはいけないという、文章に対する批判。

日垣氏が鋭く突っ込んでいるというよりも、買ってはいけないに突っ込みどころがありすぎると感じた。

こんな雑誌を相手にする必要があるのかと思った。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。