スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小室直樹 これでも国家と呼べるのか―万死に値する大蔵・外務官僚の罪

これでも国家と呼べるのか―万死に値する大蔵・外務官僚の罪これでも国家と呼べるのか―万死に値する大蔵・外務官僚の罪
(1996/02)
小室 直樹

商品詳細を見る


内容失念
スポンサーサイト

丸山眞男 加藤周一 翻訳と日本の近代

翻訳と日本の近代 (岩波新書)翻訳と日本の近代 (岩波新書)
(1998/10)
丸山 眞男加藤 周一

商品詳細を見る


福沢が理学や数学のような科学があるところが西洋と日本の違いだと、見抜いたということだけわかった。

バートランド ラッセル ロシア共産主義

ロシア共産主義ロシア共産主義
(2007/06)
バートランド ラッセル

商品詳細を見る


当時のロシアの状況がよくわかりました。共産主義はうまくいかないということは、実際にロシアに行ったラッセルにはお見通しだったようです。

ただアメリカで社会主義がヘゲモニーを得れば、社会主義国家が誕生する可能性があるであろうということを示唆していた。しかしながら現実には、そうでないので、無理であるとも言っているが。

この当時から、アメリカのみが自給自足が可能である世界最強の国であるとは知りませんでした。

1920年ではイギリスが世界最強かと思ってました。

バートランド ラッセル ドイツ社会主義

ドイツ社会主義ドイツ社会主義
(2007/06)
バートランド ラッセル

商品詳細を見る


理解できず。とほほ

佐伯啓思 自由と民主主義をもうやめる

自由と民主主義をもうやめる (幻冬舎新書)自由と民主主義をもうやめる (幻冬舎新書)
(2008/11)
佐伯 啓思

商品詳細を見る


ニヒリズムが蔓延した後に、何でニヒリズムを打破するかということはかかれていないように思う。

森嶋通夫 イギリスと日本 

イギリスと日本―その教育と経済 (岩波新書 黄版 29)イギリスと日本―その教育と経済 (岩波新書 黄版 29)
(2003/01/21)
森嶋 通夫

商品詳細を見る


森嶋通夫氏は経済学の世界ではそこそこ偉大な方らしいのですが、この人が日本の大学ではなくイギリスの大学で働いていたのは日本人が俗であるというその一点においてなのではという気がした。

この人は漱石を俗嫌い、ディレッタント好きと解釈しています。そのような読み方のできる漱石はやはり、インテリ受けしやすいのかもしれない。

逆立ち日本論 養老孟司 内田樹

逆立ち日本論 (新潮選書)逆立ち日本論 (新潮選書)
(2007/05/24)
養老 孟司; 内田 樹

商品詳細を見る


養老さんは本当に日本が嫌いなようですね。内田氏に比べて。それでも、なんとか自分を保っていられるのは、高い地位にあるというのが一番重要なファクターだと思いました。

呉智英氏の偉くなれという言葉が身にしみた。

大塚英志 護憲派の語る「改憲」論―日本国憲法の「正しい」変え方

護憲派の語る「改憲」論―日本国憲法の「正しい」変え方 (角川oneテーマ21)護憲派の語る「改憲」論―日本国憲法の「正しい」変え方 (角川oneテーマ21)
(2007/07)
大塚 英志

商品詳細を見る
ひとりひとりが憲法について考えられる公民になるしかないという内容。

佐々木中氏の言葉

佐々木中氏のインタビューを読みました。とてもうれしかった。しかし、大多数の人が彼のインタビューを読めばうれしいでしょう。

文章を読むということは傷つきたいと言う願望も少しはあるわけですから、こちらを全肯定してくれるような答え方はいかがなものかと思います。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。