スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関川夏央 おじさんはなぜ時代小説がすきか

おじさんはなぜ時代小説が好きか (ことばのために)おじさんはなぜ時代小説が好きか (ことばのために)
(2006/02)
関川 夏央

商品詳細を見る


本書は時代小説が、テーマです。

近代文学はサラリーマンを見下す。生活を見下す。これは著者と私にとって共通の認識です。

文学作品を読んでると慰安にはなりますが、それだけでは物足りない気がします。

生活している時間のほうが、本を読んでいる時間より長いのですから、生活を見下してばかりいたら、自分の人生を否定することにもなるからです。

著者は漫画原作もしている方ですから、文学というより、もっと幅広い活動をなされています。そんな著者は時代小説も好きなようです。

時代小説の特徴とはなにか、著者の言い分では、近代文学に書かれていない、義理や人情といったものが書かれているということです。

アウトサイダーにもたまには救いの手が伸びてくることがあります。それを無碍に拒絶しているばかりのアウトサイダーというのは実はとても少ないのではないか、少なくとも私自身は義理人情に少しばかりの慰安を感じます。著者はそれを大事にしなさいといっているように感じました。

進歩、努力を伴わない個性の否定、橋本治似たような考え方をしています。

ただ、現在の若者がきらいだとかいったような感じは少しもなく著者の書籍の中でも割と読みやすく書かれているので読みやすい、藤沢周平とか山本周五郎とか読んでみたくなりました。
スポンサーサイト

小熊英二 日本という国

日本という国 (よりみちパン!セ)日本という国 (よりみちパン!セ)
(2006/04)
小熊 英二

商品詳細を見る

・福沢諭吉は東洋を身分制社会、西洋を民主的社会だといった。
・福沢諭吉は貧しいものに教育を施すと社会主義者になってしまう恐れがあるので、国民皆教育に短所があることを指摘した。
・福沢諭吉は、アイヌは努力しても遺伝の為に慶応義塾の先生にはなれないと言った。
・福沢諭吉の学問のススメは日本を近代国家とするためのプロパガンダである。
・昭和天皇は、1945年2月、幣原喜重郎元首相の、降服しましょうという進言に対して、もう少し戦果を挙げてからでないとといった。
・1990年代のアメリカの世論調査によると、日本に米軍を通流させておく理由はなにかという質問に対して、半数近くが、日本の再軍備を防止するためと答えた。
・冷戦後にドイツ、韓国では軍隊が大幅縮小された。しかし、日本では対して変わっていない

以上のようなことがわかり役に立った。ちなみにこの本小学校5年生向けにかかれたものとどこかに書いてあった。orz

小室直樹 硫黄島栗林忠道大将の教訓

硫黄島栗林忠道大将の教訓硫黄島栗林忠道大将の教訓
(2007/02)
小室 直樹

商品詳細を見る
もう引退したほうがいいのかも知れない。文章に重複が多く、中身が無く感じられる。著者は硫黄島での戦いが、日本に有利なポツダム宣言、日米安全保障条約に繋がったというが、本当かどうか疑わしいほどだ。

呉智英 知の収穫

知の収穫 (双葉文庫―POCHE FUTABA)知の収穫 (双葉文庫―POCHE FUTABA)
(1997/01)
呉 智英

商品詳細を見る
パクチョンヒについて知りたくなった。

小谷野敦 日本売春史

日本売春史―遊行女婦からソープランドまで (新潮選書)日本売春史―遊行女婦からソープランドまで (新潮選書)
(2007/09)
小谷野 敦

商品詳細を見る
読んだだけ

ゲーテ 若きウェルテルの悩み

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
(1951/02)
ゲーテ

商品詳細を見る


小谷野敦氏がお勧めしていたので、読んでみた、ウェルテルの自殺の描写が、グロテスクだという印象しか残らなかった。高橋某の解説を読んでみたが、小説というものはエンターテイメントばかりだったなかで、シリアスなこの小説が出てきたことが、センセーショナルであったということが書いてあるばかりで、それ以外に言うことは無いのかという感じがした。

小谷野敦 「こころ」は本当に名作か

『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書)『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書)
(2009/04)
小谷野 敦

商品詳細を見る


この新書に唆されて読書をしているのですが、いまいち面白くないです。自分とは会わないのかもしれません。
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。