スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪への招待状 ―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ 小林 恭二

悪への招待状 ―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)悪への招待状 ―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書)
(1999/12/01)
小林 恭二

商品詳細を見る
歌舞伎の入門書のような内容、非常に読みやすい。

・粋や野暮という言葉は娼婦からみた客の印象
以前「粋の構造」を読んだ時に、粋が媚態であるという九鬼の解説に対して、粋という言葉にそのような印象を抱いたとこはないと書いたが、どうやら九鬼のいうことは正しいようだ。

・江戸は長らく開拓地だったため、男女比は男性の方が比率が高かった。そのため、売春が流行した。
これは同じ事を小谷野敦も言っていた。
スポンサーサイト
フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。