スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部和重 アメリカの夜

アメリカの夜 アメリカの夜
阿部 和重 (2001/01)
講談社
この商品の詳細を見る

阿部和重の処女作。ABC戦争よりさらに小難しい。けどただ主人公は特別な存在になりたいということをいっているだけかもしれない。
最後に主人公はある種の悟りを開くけれどもなぜそこまでの転換がこの小説の中に書かれている出来事だけで起こったのか僕にはよくわからなかった。

 はっしょって気になるところをメモ

映画の人であり読書の人である私がとる人書く人に成り代わり離れ離れとなって、互いを厳しく見詰め合うことにしたからである。
どこかの誰かを特別な存在として祭り上げたり自分をそのように仕立て上げたりすることで現実そのものを遠ざけている小春日和の妄信者たちは、現実を隠蔽し続けているのである。 しかし春分の日的なものに向かうことは不可避的である。 批判の射程が自らにまで及んでいることに気づきながらもなお我々は攻撃をやめるわけにはいかなかった。

私は私自身を切断せねばならぬ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。