スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋源一郎 虹の彼方に

虹の彼方に 虹の彼方に
高橋 源一郎 (2006/11/11)
講談社
この商品の詳細を見る


最近小説を読みきれていなかったが最後まで読みきることができた。それだけ意味が取れていないということなのだろう。

高橋源一郎の小説には必ず子供と大人の問答のシーンが出てきてなんだかよく分からないまま終わってしまうのだけれど読んでいてほのぼのした気分になる。そしてラストシーンの文章は平易だけれど意味が分からなくてそれでいて癖になる不思議な小説を書く人だと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。