スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平野啓一郎 初七日

滴り落ちる時計たちの波紋 滴り落ちる時計たちの波紋
平野 啓一郎 (2004/06/29)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


万永元年のフットボールに似ていた。主人公の父が死に主人公と弟が、父が戦争でどのようなことをしていたか話し合う場面は、万永元年の一揆に付いて語っているところと似ていたし、わけがわからない猫が出てくるところと、主人公の友人が変な格好で自殺したり、主人公が土の中で宇津くまっているところが似ているように思えた。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。