スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨の前兆 関川夏央

豪雨の前兆 (文春文庫)豪雨の前兆 (文春文庫)
(2004/02)
関川 夏央

商品詳細を見る


僕は1969年に大学生だった人たちの本を読むことが多いのだけれど、そういう人たちはあまり大きな声で、昔はよかったとは言明しないのだけど関川夏央は昔はよかったって結構強く言っている。そういう偏っているところがいいと思った。このエッセイもちょっといやだけど癖になる文章でいいと思いました。

内容は明治時代の文豪たちについて語っているものが多かった。すごく昔の通俗映画的なものの紹介していて、自分が接してきた作品への愛がかんじられていいと思った。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。