スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東浩紀 ゲーム的リアリズムの誕生 動物化するポストモダン2

ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)
(2007/03/16)
東 浩紀

商品詳細を見る


大塚英志氏の説を引用しライトノベルについて説明しています。曰く純文学は自然主義小説であり、ライトノベルはキャラクター小説である。
純文学は人間を写生したものであり、ライトノベルはアニメや漫画のキャラクターを写生したものである。

私はこれを読んで腑に落ちた気がしたけれど、アニメや漫画のキャラクターが作られるときには人間は写生されていないのかという疑問も残った。

キャラクター小説は、身体性、記号性の両義性をもつ、だから「リアル」に感じられ(若者の共感を呼ぶ)、うそ臭い(ある種の人たちの抵抗を呼ぶ)

ふむふむ。わかりやすいです。ラノベ読んだことなくてもそんな感じかなっていう感じがわかるのは同時代性のおかげでしょうか。

キャラクター小説は「半透明」な言葉で作られる。 不透明なら現実として受け止められ、透明なら虚構として受け止められる。

これもわかりやすい。

この後にはここの作品論があげられています。

美少女ゲームとかライトのベルトかに対して正直抵抗があるが、読んでいて、説明を聞いているととても知的な読み物だと感じました。今度読んでみようという気にさせられました。

最後に東氏は舞城王太郎の九十九十九を題材に取り上げます。さして最初のほうで、美少女ゲームやラノベとの類似を指摘し、最後の最後で村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドとの類似を指摘します。

そういえば、村上春樹も現在まで文壇の方々から嫌われているにもかかわらず、世界的にも一般的にも高い評価を受けています。

サブカルチャーもそのように受容されることを東氏は願っているのだということが伝わってきました。

もうひとつ書き忘れたことがあるのですが、近年の文学はプレイヤーとして、読者が、作品世界に参加しているとうような分析もありました。

最後に私の意見を書かせてもらうと、キャラクターが重要だとか、ゲーム的リアリズムという構造についてはよくわかったのだが、自我とか実存の問題が旧来の文学では主要テーマだと私は思っているが、ラノベは選ばれたあなただけのための作品ですととれるような表現は使われているのだろうか、使われていないのだとしたら、旧来の文学感とはずいぶん違ったものになるだろうし、使われているのならばやっぱり文学なんだろうと思う。

私にとってはやはり表現の手段よりも中身が大事です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。