スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島義道 ウィーン愛憎

ウィーン愛憎―ヨーロッパ精神との格闘 (中公新書)ウィーン愛憎―ヨーロッパ精神との格闘 (中公新書)
(1990/01)
中島 義道

商品詳細を見る


私は中島義道を平易な言葉で哲学を説く人で、敬遠しておいたほうが無難な文章を書くと手前勝手に憶測していたのだがどうやら私の思い過ごしであり、思い込みであったようだ。

本書は中島義道のウィーン遊学時代の現地での体験を綴ったものである。

中島義道が現地の人々との交際を通して実感したことを要約すれば「欧州人は眼前にある厳然たる事実であっても、自分にとって不都合であれば、強固に否認する」ということである。

日本人からすれば恐ろしく破廉恥、傲慢な欧州人たちに対して、中島は毅然として対応しようとするのだがその様子がなんだか滑稽で妙に中島義道に愛着を持ってしまう。

どう滑稽なのかといえば中島義道がごくごく常識的と思われる権利を主張しても欧州人がそれを強行あるいは冷ややかに諌めようとする様子がおかしい。

わたしたちの常識が常識でない人たちとかかわることがこれほど難しいとは。

改めて確認したしました。





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。