スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小谷野敦 すばらしき愚民社会

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)すばらしき愚民社会 (新潮文庫)
(2007/01)
小谷野 敦

商品詳細を見る


馬鹿にされることを恐れるなという主張を展開した文章だけ妙に熱が篭っていた。小谷野氏のことを大人気ないと思っている人もたくさん居られるだろうが、この本を読んで貰いたいものだ。

ところで、小谷野氏は本田由紀氏のハイパーメリトクラシーという概念を従来のメリトクラシーとなんら変わらないと批判したが、私は本田氏の言うハイパーメリトクラシーという概念が痛いほどわかると思っていた。 

しかし私が社会がハイパーメリトクラシー化したと感じる理由には明確な根拠は無く、経験則から血液型による性格の違いを感じるのと、同じレベルだ。

そういうことをアカデミックな装いで覆い隠すのは倫理に悖ると感じる。

思い出してみれば、漱石の坊ちゃんでは、いい年した、青年が、ガキになめられまくっている。これは人間力の欠如がもたらした災厄であるわけだから、昔から学歴以外の要素が重要であったことの傍証だ。

今の時代だけが特別だというわけではないのだろう。

以下メモ
水戸学は南朝を正統と見た
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。