スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関川夏央 おじさんはなぜ時代小説がすきか

おじさんはなぜ時代小説が好きか (ことばのために)おじさんはなぜ時代小説が好きか (ことばのために)
(2006/02)
関川 夏央

商品詳細を見る


本書は時代小説が、テーマです。

近代文学はサラリーマンを見下す。生活を見下す。これは著者と私にとって共通の認識です。

文学作品を読んでると慰安にはなりますが、それだけでは物足りない気がします。

生活している時間のほうが、本を読んでいる時間より長いのですから、生活を見下してばかりいたら、自分の人生を否定することにもなるからです。

著者は漫画原作もしている方ですから、文学というより、もっと幅広い活動をなされています。そんな著者は時代小説も好きなようです。

時代小説の特徴とはなにか、著者の言い分では、近代文学に書かれていない、義理や人情といったものが書かれているということです。

アウトサイダーにもたまには救いの手が伸びてくることがあります。それを無碍に拒絶しているばかりのアウトサイダーというのは実はとても少ないのではないか、少なくとも私自身は義理人情に少しばかりの慰安を感じます。著者はそれを大事にしなさいといっているように感じました。

進歩、努力を伴わない個性の否定、橋本治似たような考え方をしています。

ただ、現在の若者がきらいだとかいったような感じは少しもなく著者の書籍の中でも割と読みやすく書かれているので読みやすい、藤沢周平とか山本周五郎とか読んでみたくなりました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。