スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小熊英二 \と\

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性
(2002/11)
小熊 英二

商品詳細を見る
まだ読んでいる途中だがおもしろいところもあったので、少しメモする。

・敗戦後天皇が自殺しなかったことは、地方の人間にも無責任なことだと感じられていた。
・オールドリベラリストとは自分たちが特権的な階級にあり、文明の文化という側面を担っているという自負があり、低い階級のものが、金を稼ぐことに対して、いらだっていた。
・小林秀雄はトルストイやツルゲーネフを直観で一流、二流と断言する断言するだけだった。
・福田恒存は、1947年に獄中非転向の共産党幹部に対して「自己に代役を立てるすべすら知らぬ頑迷な非社会的存在」といった。吉本隆明がこれと同じことをいうのは、1950年代末であり、そのころには知識人たちの間で共産党への不満が溜まっていた。
・戦中派、少国民世代といわれた人々は、戦争には直接参加していないものの生まれたときから戦争中だったため皇国少年として育ったものが多い(吉本隆明、小田実、江藤淳)。終戦と同時に教師たちは米国礼賛、民主主義称揚といった態度の転向を図ったため、権力そのものに対して不信感を抱くものが多い。
・吉本は皇国青年だと言うイメージが一般に流布しているが、米沢の高等学校時代には、学内の派閥の文治派に属し、大学に進学せず、戦争に行った武断派と対立していた。後年の吉本の皇国青年だったという証言は戦場に行った旧友たちへの負い目からの発言だった可能性あり。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。