スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老孟司 バカの壁

バカの壁 (新潮新書)バカの壁 (新潮新書)
(2003/04/10)
養老 孟司

商品詳細を見る


以前内田樹氏との対談本を読んだ時、養老氏は内田樹氏に比べると、左がかった印象を受けたのですが、本書では個性を否定的に捉えており、社会適応性をポジティブなものと捉えているように読めたので氏の考えがよくわからなくなってしまいました。

しかしながら、本書でも東京大学にいたときは如何に自分が抑圧されていたかということが書かれていたので、やはり多少はリベラルな思想の持ち主でもあるようです。

それでも頭がよいということの重要な要素として、社会適応性をあげていたので基本的には保守的な方なのだと感じました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。