スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンヒル 古谷実

グリーンヒル(1) (ヤングマガジンコミックス)グリーンヒル(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2000/02/01)
古谷 実

商品詳細を見る


わたくしにとって初めての古谷実体験はこのグリーンヒルだった。これを読んだ当時、稲中の名前くらいは聞いたことがあったと思う。しかし読んだことはなかったし、別に興味を惹かれなかった。

グリーンヒルを読んだときは作者が稲中の作者と同一人物であることをしらなかった。先輩の家にこの漫画があり、暇だから読んだのだ。

わたくしはあまり漫画を読む人間ではない。しかしこの作品はとても面白く読めた。グリーンヒルは古谷実の稲中を除く作品中もっとも、シリアスな場面が少ない。

読み返すと、何一ついいところがない男性が、現実逃避をしている場面などがあり、やや人生論めいた箇所があるが、私自身が容姿や学歴の面でそれほどのコンプレックスを抱いていないせいか、それほど深刻には受け取れなかった。

それではこの作品のよいところは何であろう。
思うにそれはこの作品に深刻さがないところではないか。
現代の小説はいささか暗すぎる。
グリーンヒルの主人公のような、特に重大な欠点は見当たらないような、青年が主人公である作品が少ない。そんな間隙をついて現れたこの作品は、わたくしの青春を彩る思い出の作品である


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。