スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部和重 ニッポニアニッポン

ニッポニアニッポン ニッポニアニッポン
阿部 和重 (2004/07)
新潮社
この商品の詳細を見る

インディビィジュアルプロジェクションと雰囲気が似ています。

引きこもりの主人公は自分の苗字に鴇が入っていることから幼少のころから鴇に親近感を抱いていた。主人公は鴇がニッポニアニッポンという学名であるが故鴇が保護をされていることに怒りを感じて鴇を人間の書いたシナリオから開放しようと計画するという内容です。

解説によれば鴇=日本=天皇でこの作品は「天皇萌え」を示唆する最初の小説ということらしいです。例によって私には何のことだかよくわかりません。
天皇や三島由紀夫などを勉強しなければ小説というのはよく理解できないのかもしれません。それでも妄想癖のある主人公の行動などとても面白い小説でした
スポンサーサイト
TAG :
阿部和重
ニッポニアニッポン

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。