スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江健三郎 不意の唖

米軍の通訳が町を訪れ川遊びをしている最中に靴が盗まれます。

以前大江健三郎の初期作品は閉じ込められた状態を表していると書きましたが、もう一つ傾向があるような気がします。

おそらく死者の奢り・飼育に収められている話は社会通念上の善に対して疑問を投げかけているように思います。
スポンサーサイト
TAG :
大江健三郎
不意の唖

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

フリーエリア

Powered by NINJA TOOLS

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。